MT4を使うメリット

By: OwenXu

MT4は世界中で最も使用されているFXのチャートソフトになりますが、これは日本でも人気で、多くのトレーダーが使用している証券会社とは別にMT4のチャートを使用してい分析を行っています。ではなぜ、利用している証券会社のチャートは使わずに、わざわざMT4を使用するのでしょうか、MT4を使用するメリットをお伝えしていきます。

まずテクニカル分析に制限がありません。MT4はデフォルトでも20種類以上のインジケータが使用できるようになっていて、トレンドラインやサポート・レジスタンスライン、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクスなど世界中で使用されているインジケータが搭載されています。

これに加えてプログラミングができればオリジナルのインジケータを作成することもできて、インターネットで探せば数多くのインジケータが無料や有料で公開されていますので、チャートをカスタムすることが簡単にできます。

また時間軸や通貨ペアも多く、証券会社によってはFXのみならずCFDでも使用できますので、海外の株や日経平均株価などのインデックス、ココアなどの商品のチャートを見ることもできます。

MT4を使用するメリットは、このほかにもEAを使用した自動売買もできることです。独自のプログラム言語が公開されていますので、その言語が使用できるのであればオリジナルのシステムを構築して自動で取引をすることも可能です。

また言語が分からない方でも世界中のトレーダーが使用していますので、無料の物から有料のものまで数多くのEAが公開されていますので、それをダウンロードして起動させれば使用することができます。

ただし、そのEAを使用することで利益が出るのかが分かりません。そのようなときでもMT4であれば過去の期間をテストするバックテスト機能がありますので、このバックテスト機能を使用することで、そのシステムが使用できるのかを短時間で簡単に調べることができるようになっています。

MT4とは何かを優しく解説

By: emdot

株式にしてもFX取引にしても取引を行う上で、重要となってくるのが取引を便利にするアイテムです。それが見やすいチャートであったり、テクニカル分析であったりしますが、コンピューターの発達とともにそれらを複合したツールが現在の主流となっており、今となってはなくてはならないものです。

一方で、ツールも日々発展しており、その便利なツールのひとつがMT4になります。MT4は、ロシアのメタクォーツソフトウェア社が開発した無料で使える高機能なFXトレードソフトであり、MTとも呼ばれています。MT4といっても使い方はその国や地域によって異なり、日本ではチャート専用ソフトとして使われていますが、海外ではMT4そのものに売買機能が付け加えられているので、トレードツールとして利用されています。

これはMT4に対応しているFX取引業者が、日本国内の場合にはほとんど存在しないため本来のトレードツールとしての使い方ではないチャートソフトとして使われています。それでも日本での愛用者が多いのは、国内のFX業者が提供するツールにはない高機能さと、国際基準に則った独自のテクニカル指標が使えるということです。またプログラミングの知識があれば、自分でオリジナルのテクニカル指標を作るという点もMT4が支持されている理由です。

特に、独自に作られたテクニカル指標は無数に公開されており、誰でも利用することが可能です。このため自由度の高いテクニカル指標を得ることができます。FX業者のテクニカル指標の多くは将来を予測することにのみ使われており、過去を検証することができませんが、MT4の機能としてバックテストがあり、過去の指数の動きと、実際に作ったオリジナル指標や自動売買システムが健全に作動するかテストすることも可能で、精度の高い取引システムを利用することができるメリットがあります。

MT4を始める段階的な方法

By: syvwlch

無料のソフトであるMT4を始めるには、開発元からダウンロードして保存する必要はありますが、サイズは非常に小さく作られていますから、最初は短時間で済ませる事が可能です。パソコンにMT4のセットアップファイルを保存出来たなら、実行してインストール作業を済ませる事になります。

この時は、英語表記で戸惑う状況が想定されますが、日本語部分のボタンを推し進めれば完了しますから、MT4のセットアップ画面が完全に把握出来ないとしても、特に問題なくインストール作業が済ませられます。MT4のダウンロードが正常に行われ、インストールも滞りなく完了した後は、自動的に初期画面が表示されるので、使い方に応じて各項目の入力を済ませれば、ようやく本番に向けた利用が始まります。
本番向けの講座を登録する事も出来ますが、先ずはMT4用のデモ機能を活用して、画面の見方や使い勝手を把握する方が先決です。名前や各情報の入力は必須ですが、MT4の利用は原則として無償ですから、デモも当然ながら無料で行えますし、突然の請求や支払いを疑わなくても大丈夫です。
ただ、この時注意すべきなのは、デモに期限的な制限が設けられている点で、MT4が正常に動かなくなったのであれば、再び申請を行う必要がある部分です。これさえ注意しておけば、MT4は半永久的に利用可能ですし、機能を覚えるまで使い続けられますから、開発が止まったり公開が終了しない限りは、いつでも学習や本格的な用途に活用が行えます。
グラフを見て体感で記憶する方法は、自然と流れをつかむ訓練の取り組みですし、基本的な見方も学習する必要があるので、見易さや把握が便利な点が重視されます。投資が上達する将来的には、カスタマイズした画面を駆使して投資する段階に進みますから、早い内に使い方をマスターしてしまえば、後に進む程ソフトの活用は楽になります。”

午後に入ると、クロス円の値幅が広がってきた。特にNZ円がすごい

By: Robert Anders

7月20日。本日は祝日です。出かけてもショッピングモールはお客さんで溢れかえっているので、私は家でまったりを選びました。エアコンをつけて相場観察です。その他、テレビもついていて、パソコンもついていて、さらにはサーキュレーターまでついているという徹底ぶり。思いっきり電気を使っています。

そのかわり、私はエネルギーを使わずに、機械たちだけが稼働しているという可愛そうな状態。祝日でいい思いをしたいから今日は頼むね~。東京時間午前は、軟調な中国株を嫌気して豪ドル円は91円前半を目指す場面がありましたが、午後になると反発しています。ニュージーランドドル円は午前中、安値圏でしたが、キーNZ首相の発言を受けて買い戻されています。

午前中は、米ドル円が10PIPSにも満たない値幅だという事を気にして、さらに他の通貨の値幅も少ないことを気にしていましたが、ニュージーランドドル円がたくさん動くようになったおかげで心配しなくて済むようになりました。ここで、クロス円の値幅チェックを行いましょう。現在は、14時50分です。米ドル円は11PIPSの値幅になりました。ユーロ円は、21PIPS。クロス円の中では大物の部類なのに、この値幅を見るとユーロ円らしくないなぁと思います。

ポンド円は、25PIPS。ユーロ円よりも少しリードしています。私の中ではユーロ円もポンド円も大物だと思うけど、その中でもポンド円は別格だと思っています。豪ドル円は、57PIPS。中国株の軟調さを嫌気して下に動いたときの値幅で作られました。キーNZ首相の発言を受けたニュージーランドドル円は、80PIPS。すごいよ~。この値幅は大物の域です。ユーロ円やポンド円の仲間入りを果たせるくらい。

相場を見ていて思うけど、発言って本当に影響力があるんだね~。たった一言発するだけで、材料視されれば50PIPSとか平気で動いてしまいます。為替相場って指標発表と要人発言の影響がものすごいと感じます。

英国の小売売上高は予想をはるかに下回る悪い結果

By: Kevin Dooley

7月23日。英国の指標の小売売上高が17時30分に発表されて予想をはるかに下回る悪い結果だったことでポンド円は下落しました。この時間帯に相場観察をお休みしていたので、後から気付きました。見ている通貨のほとんどが豪ドル円と米ドル円で、ポンド円は1日のうちに1回も見ないことがあるくらいですから、指標で80PIPSも下げたチャートを見てしまったときは、嫌な姿を見ちゃったと思いました。

私のイメージでは、米ドル円に続く強い通貨。日足を見たときに他の通貨が綺麗なチャートになってないときもポンド円は美しい上昇トレンドを描いていたことが印象に残っているので信じられません。豪ドル円がやりにくいと感じたときもポンド円は理想的なチャートを描いていてうらやましいくらいでした。豪ドル円がそうだったらいいのにって思ったくらいです。

だけど、値動きが大きな通貨で、ポンド円でトレードしたことがない私にとっては練習不足でいい結果を残せる自信がない。ただうらやましがりながら見ていましたね。そしたら今日のこの結果。豪ドル円に比べると景気見通しが明るいのがわかりますが、どんなにいい状態でも良い結果ばかりは続きません。毎回いい結果ばかりだったら、ロングしていればいいので楽です。

悪い可能性が高い中国指標も悪い結果ばかりではないから豪ドル円は下がり過ぎず反発します。これでバランスを取っているのでいいのです。ポンド円の日足を見ると、4月13日から6月後半まで綺麗な上昇トレンドになっています。175円から195円まで20円も上昇。買われすぎを判断するテクニカルで見ると、間違いなく買われ過ぎのはずです。

ギリシャ問題が起こったことで195円の高値から185円まで10円も下落しました。問題が落ち着くと再び反発して193円になっています。今日は指標が悪くて下げたけど、全体的に上昇のパワーが強いですね~。豪ドル円とは違い、回復力があります。結果はがっかりだけど、この勢いはやっぱりうらやましいなぁ。

利益を出しやすいFXのトレードを心がけましょう

By: Bùi Linh Ngân

FXの取引をこれから始めようと思っている人の大半はお金をたくさん稼ぎたいと思っている人です。なぜならこの投資はレバレッジをかけて取引をすることができるということからハイリターンを得ることができるとして多くの人から認知されているので、このような思いを持っている人がチャレンジしているからです。

しかし初心者がいきなりFXの取引を始めて利益を出せるほど簡単なものではありません。この投資をして利益を出すためにはしっかりした方法で取引をする必要がありますが、その際にいくつかのルールを設けて取引をするのがいいでしょう。

そしてどのようなルールを設けるとFXの取引をして利益を出すことができるようになるのかというとまずあらかじめ描いたシナリオとおりに機械的に取引をすることです。エントリーをしてから相場がいろいろ変化したとしても取引の仕方を変えることなく、最後まで当初描いたシナリオとおりに取引をします。

もちろんこの方法で取引をして損失を出してしまうケースもありますが、トータル的に見ると利益を出せる可能性が高くなります。なぜなら取引をする前にしっかりと相場を分析して描いたシナリオなので、エントリーをしてから冷静さを失って描いたシナリオよりもはるかに精度が高いからです。

それからFXの取引を始める場合において、必ずFX業者で取引をするための口座を作る必要がありますが、できるだけ手数料の少ない業者を選んで開設するのがいいでしょう。FXの取引をする場合もスプレッドという手数料がかかってきてしまい、1回の取引でかかる手数料の額はごくわずかなものなのですが、取引数がたくさんになれば、見逃すことのできない額となります。特にスキャルピングやデイトレードのような短期でたくさんの取引をする場合はより手数料の額が響いてくるので、こだわる必要があると言えます。

さらにいろいろなところから情報を得ることができ、また多くの人が取引をしているドル、ユーロ、円のペアで取引をするといいでしょう。