学生がお金を借りる方法について

学生は親御さんに学費を出してもらいながら大学に通っている人が多いです。食費や生活費なども親御さんに支えられている人が多いでしょう。しかし、20歳前後の時期というのは、遊びたい盛りであるため、何かとお金がかかります。大学でサークルに所属している人であれば、飲み会などが多く開催されるでしょう。また、大学に入学するとオシャレに目覚める人も少なくありません。ブランド服を着ている学生もよく見られます。そして、学生がお金を借りるについて検討したことのある人も多いでしょう。消費者金融なら、銀行よりも借りやすいイメージが強いため、消費者金融からお金を借りようとする学生もよく見られます。しかし、消費者金融の場合には、収入のある人でないとお金を借りることはできません。これは貸金業法という法律で規定されていることで、どの消費者金融でもそのようになっています。

一方で、学生であっても、アルバイトなどをして収入を得ている人は多いでしょう。そういった人であれば学生でも、消費者金融からお金を借りることは可能です。ただし、年収額に応じた借入限度額が設定されます。具体的には年収額の3分の1が上限です。アルバイトをしていて、年収額が60万円の学生なら最大でも20万円までということになります。そして、これはあくまで上限であるため、もっと低めの金額になることも多いです。それでも、借りられないのと借りられるのとでは大きな違いでしょう。金額的には小さいですが、飲み会などに多く参加してお金が足りなくなったときに使うのであれば十分な金額です。また、銀行であれば法律上は収入のない人にも貸付を行うことができます。しかし、実際に審査に通るのは難しいでしょう。また、学生向けを謳っているカードを発行している業者もありますが、申込の際に保護者の同意が求められます。そのため、お金を借りることに関して、親御さんの理解を得ることが必要です。